旅の栞(チェコ)

7月25日(地図)

チェスキー・クルムロフ [Český Krumlov] (地図)


back home next

チェスキー・クルムロフ [Český Krumlov]
チェスキー・クルムロフ*は、1992年にユネスコの世界遺産に加えられた世界で最も美しい町のひとつ。 13世紀に南ボヘミアの貴族ヴィートコフ家 [Vitkov] によって城が築かれたのが、チェスキー・クルムロフの歴史の始まり。 14世紀以、町では手工業と交易が盛んになった。 16世紀、特に領主ウィルヘルム・フォン・ローゼンベルク [Wilhelm z Rožemberku] の時代には、ルネサンス様式の建物が数多く建築され、町は色彩鮮やかな華麗なるルネサンス都市へと変貌を遂げる。 しかしその後、町の華やかな装いとは裏腹に、ローゼンベルク家の財政は次第に破綻を来たすようになり、ついに借金の抵当に入れられたクルマウ(チェスキー・クルムロフ)は、1601年、神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の手に渡る。 その後、1622年、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世は、当時、神聖ローマ帝国全土を巻き込んでいた三十年戦争において、財政面を含む貢献のあったエッゲンベルク家 [Eggenberg] にこの町を与えた。 この時代に、町にはバロック様式の建築物が加わった。 1719年、エッゲンベルク家は断絶し、有力貴族のシュヴァルツェンベルク家 [Schwarzenberku] が町と城を相続する。領主ヨーゼフ・アダム・シュヴァルツェンベルク [Josef Adam ze Schwarzenberku] の時代に、城はバロック様式に改築され、後に有名となる城内劇場(バロック劇場)が完成した。 エッゲンベルク家 、シュヴァルツェンベルク家へと支配が移り変わるうち、次第に近代化から取り残され、そのおかげで、最も繁栄した時代の風景が損なわれることなく現在まで保存されている。
*「チェスキー」はチェコを意味し、「クルムロフ」は曲がった川辺の地を意味するドイツ語に由来するといわれている。
U Poráků 通り (18:00)「北北西方向」MAP 中世の塔を改造したペンション (18:00)「南西方向」MAP
ヴルタヴァ川 [Vltava] (18:01)「北北西方向」MAP ビール工場の駐車場 (18:01)「東南東方向」MAP
エッゲンベルク醸造所 [Pivovar Eggenberg] の駐車場からの風景。 チェスキー・クルムロフの観光には、この駐車場を利用。
ホテル ベルビュー [Hotel Bellevue] のロビー (18:10) MAP
ラトラーン通り [Latrán] (19:03)「南東方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] にあるレストランへ向かう。
ラゼブニッキー橋 [Lazebnický most] (床屋橋) からの景色 (19:08)「南南東方向」MAP
ヴルタヴァ川 [Vltava] (19:10)「東南東方向」MAP
ラゼブニッキー橋 [Lazebnický most] からの眺め。
チェスキー・クルムロフ城 (19:10)「北西方向」MAP
ヴルタヴァ川 [Vltava] のほとりに建つチェスキー・クルムロフ城 [Castle Český Krumlov] 。
チェスキー・クルムロフ城の塔 (19:10)「北方向」MAP
塔の下にある家の壁には "LAZEBNA" と書かれた看板が掛かっているが、ここはかつて床屋 [Lazebnic] であった名残で、現在はレストラン、カフェ、バー、パブ として使用されている。 すぐ側にある橋は16世紀の頃から床屋橋 [Lazebnický most] と呼ばれていた。
ラドニチュニー通り [Radniční] (19:12)「南西方向」MAP
ラドニチュニー通り [Radniční] (19:13)「北北東方向」MAP
チェスキー・クルムロフ城の塔 [Castle Tower, Český Krumlov]
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:15)「南方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:15)「南東方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:15)「東方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:16)「南方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:17)「北方向」MAP
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (19:17)「北西方向」MAP
(19:13)MAP (20:21)「南南西方向」MAP
スヴォルノスティ広場にあるレストラン『KRUMLOVSKÁ FONTÁNA』
スヴォルノスティ広場 [náměstí Svornosti] (20:22)「南西方向」MAP
ペスト記念碑 (20:22)「南西方向」MAP
この町では18世紀にペストが大流行し多くの人が亡くなった。 ペストが終息した後、感謝の気持ちを込めてこの記念碑が建てられた。 下の部分は井戸として造られており、人々の井戸端会議の場になっていた。
ペスト記念碑 (20:23)「南南東方向」MAP
塔の上にはマリアさまの像があり、下は井戸になっている。 この町の人々は、この井戸水を生活用水として使用していた。 側にあるレストラン名には泉を意味する"FONTÁNA"の名が付けられている。
スヴォルノスティ広場 (20:24)「北東方向」MAP スヴォルノスティ広場 (20:25)「東南東方向」MAP
スヴォルノスティ広場 (20:25)「南南東方向」MAP スヴォルノスティ広場 (20:26)「北北東方向」MAP


旧市街にはルネッサンス時代の建物が多く残っている。
ラドニチュニー通り (20:26)「北北東方向」MAP ラドニチュニー通り (20:27)「北北東方向」MAP
ラドニチュニー通り [Radniční] (20:27)「北北東方向」MAP
ラドニチュニー通り (20:28)「北北東方向」MAP チェスキー・クルムロフ城 (20:30)「北北東方向」MAP
チェスキー・クルムロフ城 [Castle Český Krumlov] (20:30)「北方向」MAP
塔の下にある家の壁には "LAZEBNA" と書かれた看板が掛かっているが、ここはかつて床屋 [Lazebnic] であった名残で、現在はレストラン、カフェ、バー、パブ として使用されている。 すぐ側にある橋は16世紀の頃から床屋橋 [Lazebnický most] と呼ばれていた。
床屋橋 [Lazebnický most] (20:30)「東北東方向」MAP
かつて、橋のたもとに床屋があったため、この名が付いた。 16世紀の頃の床屋は、浴場と病気の時に悪い血を抜くための瀉血の仕事も兼ねていた。 橋の中央部にはイエス・キリスト像と聖ヤン・ネポムツキー [Svatý Jan Nepomucký] の像が向かい合うようにたてられている。
床屋橋 (20:31)「東南東方向」MAP 床屋橋 (20:31)「東南東方向」MAP
ラゼブニッキー橋 [Lazebnický most] (床屋橋) (20:32)「東方向」MAP
欄干の中央部には橋の守護聖人、聖ヤン・ネポムツキー [Svatý Jan Nepomucký] の像がたっている。
ラゼブニッキー橋 [Lazebnický most] (床屋橋) (20:33)「南方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:33)「東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:34)「東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:34)「東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:35)「東南東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:35)「東南東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:35)「東北東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:35) MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:36)「西北西方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:36)「北北西方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:37)「西方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:37)「西方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:38)「北北東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:38)「東方向」MAP
ラトラーン通り [Latrán] (20:40)「南南西方向」MAP
トゥルデルニーク [Trdelnik] の店 (20:40)「東北東方向」MAP
トゥルデルニーク [Trdelnik] は小麦粉の生地を引き延ばし、金属製の丸いパイプに巻き付けて、パイプを回転させながら焼いた竹輪状の菓子。 焼き上がった後に砂糖とかシナモンなどをまぶして仕上げてあるチェコ伝統のお菓子。
チェスキー・クルムロフ城 [Castle Český Krumlov]への入口 (20:42)「西方向」MAP
チェスキー・クルムロフ城 [Castle Český Krumlov] への入口 (20:42)「西南西方向」MAP
ホテル ベルビュー [Hotel Bellevue] (20:47)「南南東方向」MAP
ホテル ベルビュー [Hotel Bellevue] (20:47)「南南東方向」MAP
今日は、このホテルに宿泊。 明日はチェスキー・クルムロフ城 [Castle Český Krumlov] 内を見学し、午後プラハ [Praha] へ向かう。


back home next