旅の栞(ハンガリー)

7月23日(地図)

ブダペスト [Budapest] (地図)
「ドナウ河畔の散策」


back home next

ブダペスト[Budapest]
ドナウ川が南北に流れ、ドナウの真珠と称えられる美しい街。 ドナウ川の西岸はブダ [Buda] と呼ばれ、王宮を中心に歴史的建造物が多く、東岸のペスト [Pest] は近代的な美しい町並みが広がっている。 1987年にはドナウ河岸とブダ王宮地区、2002年にはアンドラーシ通りと周辺の歴史地区が、ユネスコの世界遺産に登録されている。 ブダペストは歴史的には3つの都市が統合されたもので、ブダの北方は現在オーブダ (旧ブダを意味する) と呼ばれているが、そこはかつてローマ帝国の属州であり、パンノリアと呼ばれる州都であった。 ブダがハンガリー王国*の都となり城が建設されたのは、13世紀のこと。 城は15世紀にルネサンス様式に大改築され繁栄を謳歌したが、その後、オスマン・トルコの侵略、ハプスブルグ家による支配、第2次世界大戦での破壊など、苦難の歴史を刻んできた。 1849年には 「くさり橋」 が完成し、ドナウ川によって隔てられていたブダとペストの町がつなげられた。 そして1873年、3つの町が一つに統合された。 丘陵地帯のブダは、起伏に富んで緑が多い。 ドナウ川からせりあがった丘には流転の歴史を繰り返した王宮が構え、西方には小高いヤーノシュ山がそびえている。 その裾野には閑静な住宅街が広がり穏やかな雰囲気を醸し出している。 ゲッレールトの丘からは、ドナウ川を抱く町の大パノラマが一望できる。 一方ペストはブダとは対照的に平坦な地形で、商店やオフィス、官庁や劇場が並ぶ賑やかな商業地帯になっている。 
* 現在は、王制は廃止されハンガリー共和国 [Magyar Köztársaság] になっている。
ドナウ川西岸 (ブダ側) にある "王宮の丘" (05:27)「西北西方向」MAP
マリオット・ブダペスト・ホテル [Mariott Budapest Hotel] の窓からの眺め。
ドナウ川西岸 (ブダ側) にある "王宮の丘" (05:27)「西北西方向」MAP
右端に見える橋は "くさり橋" [Széchenyi Lánchíd] 。
ホテルの廊下 (06:31)MAP ホテルのレストラン (06:42)「南西方向」MAP
ホテルのレストランで朝食を済ませ、ドナウ河畔を散策 (07:05)「北西方向」MAP
写真には写っていないが、すぐ右手にマリオット・ブダペスト・ホテルがある。
ブダペストのドナウ川沿いを走るトラム [Villamos] の線路 (07:05)「北西方向」MAP
ドナウ川の東岸 (ペスト側) を走るのは2号線 トラム [2-es villamos]、川向こうには "王宮の丘" [Várhegy] が見える。
ドナウ川の東岸沿いを走る2号線トラムの線路 (07:06)「南方向」MAP
川に架かる橋は "エルジェーベト (シシィ) 橋"、その後方の丘は "ゲッレールトの丘"。
ドナウ・コルゾー (遊歩道) [Duna Korzó] (07:06)「南方向」MAP
ドナウ川の東岸沿いにある遊歩道。
ドナウ川 [Duna] 東岸 (07:06)「南方向」MAP ドナウ川 [Duna] 東岸 (07:06)「北西方向」MAP
ドナウ・コルゾー (遊歩道) [Duna Korzó] (07:08)「南東方向」MAP
中央に見える建物が、マリオット・ブダペスト・ホテル [Mariott Budapest Hotel]。 映画、特にハリウッド映画ではマリオットホテル近辺から "くさり橋" にかけて頻繁に撮影が行われている。 理由として、アメリカのハリウッド界で活躍されている方々の中で、パラマウント映画の創始者 アドルフ・ズーカー [Adolph Zukor] がハンガリー人であることや、有名な男優、女優 、その他様々な映画関係者の中にはハンガリーの血が流れている方が多いことが挙げられる。
2号線 トラム [2-es villamos] (07:08)「北西方向」MAP ヴィガドー [Vigadó] (07:10)「北東方向」MAP
1872年に建てられた由緒ある劇場。 リストやバルトーク、コダーイ、マーラーなどの音楽家が作品の初演を行ったことでも知られている。
ドナウ・コルゾー (07:11)「西方向」MAP ドナウ・コルゾー (07:11)「西北西方向」MAP
ドナウ・コルゾー (07:12)「西方向」MAP ドナウ・コルゾー (07:12)「北北西方向」MAP
ドナウ・コルゾー (07:12)「北北西方向」MAP ドナウ・コルゾー (07:12)「西方向」MAP
ドナウ・コルゾー (07:13)「南方向」MAP ドナウ・コルゾー (07:13)「西北西方向」MAP
2号線 トラム (07:14)「西北西方向」MAP 2号線 トラム (07:16)「西北西方向」MAP

「北東方向」MAP

「南東方向」MAP
エトヴェシュ広場 [Eötvös téren] (07:17)
ジョゼフ・エトヴェシュ像 [Eötvös József szobra] (07:18)「南南西方向」MAP
ルーズヴェルト広場 (07:21)「東方向」MAP
セーチェーニ・イシュトヴァーン広場
Roosevelt Tér(07:21)「南東方向」MAP
セーチェーニ・イシュトヴァーン広場
ルーズヴェルト広場 [Roosevelt Tér] から "くさり橋" を望む (07:22)「西方向」MAP
ルーズヴェルト広場 [Roosevelt Tér] は2011年5月12日付けで、ブダとペストを結ぶ "くさり橋" を架けたセーチェーニ伯爵の名前にちなみ、セーチェーニ・イシュトヴァーン広場 [Széchenyi István tér] に改名されている。
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:22)「西南西方向」MAP くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:24)「南西方向」MAP
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] から王宮を望む (07:25)「南西方向」MAP
この橋にある4頭のライオンの像はブダペストのシンボル的存在。 このライオン、口は開いているが舌が無いことから、彼らは歴史の証人であり、余計なことは喋るなということで舌が抜かれたという逸話がある。 しかし実際には、上から見ると舌はあるそうです。
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] からドナウ川の上流方向 (北方) を望む (07:25)「北方向」MAP
ドナウ川 [Duna] は、ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通って黒海に注ぐ重要な国際河川である。河口にはドナウ・デルタが広がる。全長は2,850 km
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:26)「西北西方向」MAP
くさり橋 (07:26)「北西方向」MAP "くさり橋" から北方を望む (07:27)「北方向」MAP
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:27)「西南西方向」MAP
この橋は、ハンガリーの国民的英雄セーチェニ・イシュトヴァーン [Széchenyi István] 伯爵の提唱により10年の歳月 をかけて造られた橋で、1849年に完成した。 19世紀初頭、すでにハプスブルグ家の支配下にあったハンガリーでは、当時ヨーロッパ全体を覆った自由独立運動の流れを受けて、1849年、対オーストリア (対ハプスブルグ家) 独立戦争が勃発した。 このときブダ側に追い込まれたハプスブルグ家の軍隊は、完成したばかりの "くさり橋" を壊すと脅し、実際に爆弾を仕掛けて一部を破壊したと言われている。 結局、戦いはハンガリーの敗北に終わり、以後オーストリアの「絶対主義」の支配下に入ることになる。 それから約1世紀後の第二次世界大戦で、橋はドイツ軍によって破壊されてしまったが、その後もとの姿に修復されて1949年の11月には開通式が行われた。 現在の橋はそのときの姿を保っている。 第二次世界大戦後は社会主義国家としての道を歩み始めたハンガリーだが、政治体制に対する不満が高まり、1956年にはハンガリー動乱が勃発、かつてナチス・ドイツからハンガリーを救ったソ連の戦車が、今度はハンガリーに軍事的圧力をかけるためにこの橋を渡った。 そして1980年代のソ連のペレストロイカの影響を受け1989年10月23日、ハンガリーは社会主義と決別、この日、市民は赤・白・緑の三色旗を持ってこの橋に集まり、新しい歴史の第一歩を踏み出したことを喜び祝った。 橋の両側に、静かにかつ威厳を持ってたたずむ4頭のライオンは、これらの一部始終を見守ってきた歴史の証人とも言え、ハンガリー人にとって特別な思い入れのある橋である。
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:28)「北方向」MAP
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] からドナウ川の上流方向 (北方) を望む (07:28)「北方向」MAP
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:29)「北東方向」MAP
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] からドナウ川の上流方向 (北方) を望む (07:29)「北方向」MAP
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] から王宮を望む (07:30)「南西方向」MAP
"くさり橋" はブダペストのドナウ川で最初に架かった常設橋で、西岸のブダ地区と東岸のペスト(ペシュト)地区を結んでいる。 この橋は鎖の技術を使って造られていることから "くさり橋" と呼ばれている。 写真をよく見ると、メインケーブルに自転車のチェーン (鎖) の構造によく似た アイバー・チェーン [Eyebar-chain] が用いられている。 構造上からEyebar-chain Bridgeに属し、正式名称は "セーチェーニ鎖橋" [Széchenyi Lánchíd] と呼ばれている。
セーチェーニ鎖橋 [Széchenyi Lánchíd] から王宮を望む (07:30)「南西方向」MAP
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] から王宮の丘望む (07:31)「北西方向」MAP
左に見える尖塔のある建物は、マーチャーシュ教会 [Mátyás templom]で、そのドナウ川がわに "漁夫の砦" [Halászbástya] が建っている。
クラーク・アーダーム広場 [Clark Ádám tér] (07:34)「南西方向」MAP
写真の中央に "ゼロ" の石碑が立っている地点がハンガリーの0m地点で、ハンガリー全土の起点となっている。 日本では日本橋に当たる場所。
クラーク・アーダーム広場 (07:35)「南西方向」MAP クラーク・アーダーム広場 (07:35)「南西方向」MAP
クラーク・アーダーム広場 [Clark Ádám tér] (07:37)「西南西方向」MAP
王宮の丘を貫く、ブダで唯一のトンネル。
クラーク・アーダーム広場 [Clark Ádám tér] (07:38)「東北東方向」MAP
ブダ側からペスト(ペシュト)側を望む。
クラーク・アーダーム広場 [Clark Ádám tér] (07:39)「南南西方向」MAP
ここには王宮に上がるケーブルカーの駅があり、かつてNHKのハンガリー特集が組まれた際、ここから生中継されたことでも有名。
クラーク・アーダーム広場 (07:39)「東北東方向」MAP くさり橋 (07:40)「東北東方向」MAP
ブダ側からペスト(ペシュト)側を望む。
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] (07:41)「東南東方向」MAP
ブダ側からペスト(ペシュト)側を望む。 ペスト側にはドナウ川に面して多くのホテルが建ちならぶ。
くさり橋 [Széchenyi Lánchíd] からドナウ川の下流方向 (南方向) を望む (07:41)「南東方向」MAP
右岸に見える丘が "ゲッレールトの丘" [Gellért-hegy]、左岸には "マリオット・ブダペスト・ホテル" (宿泊ホテル) が見えている。
"くさり橋" から王宮を望む (07:42)「南西方向」MAP
"くさり橋" から王宮を望む (07:43)「南西方向」MAP "くさり橋" から王宮を望む (07:43)「南方向」MAP
マリオット・ブダペスト・ホテル [Mariott Budapest Hotel] (07:57)「北西方向」MAP
朝の散策からホテルに帰着。
これから "王宮の丘" へ観光に向かう (08:44)「西方向」MAP


back home next